スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うなぎが食べたい

江戸時代のコピーライターの煽りの影響も多分にあるだろうが
なんかこの季節にうなぎを食べたくなる

うなぎを食べるなら
「炭火と天ぷら割烹なかじん」

蓄積していくうなぎへの渇望は限界点を越していて
やって参りましたよ京都へ

DSC07194.jpg
・樽生ビール

ここで、ふとこのビールの銘柄はなんじゃろ?と疑問
ダーリンと分析してみる

このコクと飲み易さは
アサヒの熟撰?
いや
麦芽100%のビールに違いない
このコクはエビスビールではなかろうか?

帰り際、店主に恐る恐る聞いてみる
「ハートランドです」

はぅ
大好きな筈のハートランド
何故分からん?

店主はビールもお好きで8月ビールの会は是非やっていただきたいところです

DSC07195.jpg
・おこげあんかけ

メニューを見ながらコースかアラカルトかで暫し迷う
一致した意見は
ご飯食べるより酒呑みたい

アラカルトに決定

悩ましいメニューから外せないものを中心に吟味を重ねる
麦切りは一通り食べて余裕があれば頼むこととする

DSC07198.jpg
・アナゴ、ユバ、白和え
すぐに日本酒を飲めと言わんばかりの突き出し
白和えが美味しい

DSC07205_20100726161418.jpg
・ハモの焼霜
初めてこれを食べた時の衝撃は忘れられないので
あれば必ず頼む

炙って生じる香ばしさ
落としにはない野趣がある

で?この上のジュレはなんですか?

DSC07206.jpg
・これです
中華食材の乾燥した木の実とのことで
これを水で戻すと・・・戻るまで待ってね

DSC07209.jpg
・鮎竜田揚げ
珍しい竜田揚げの鮎

木の芽とウルカのダブルソースはワインを飲めといわんばかり
日本酒よりもワインよね

DSC07211.jpg
・ソース対策
余すところ無く頂きたいので
こういった配慮は嬉しい限りです

DSC07215.jpg
・自家製唐墨
唐墨の粉を塗した大根も流石であるが
この上に乗っているもの
なんと唐墨の皮を炙ったもの
これがサクサクと香ばしい上に唐墨の香りを偲ばせて
実に酒が呑める

もちろん唐墨が旨いことは言うに及ばず

DSC07221.jpg
・天然うなぎと養殖うなぎ
そら2種類あったら食べ比べでしょう?

左側の養殖うなぎも立派なのですが
天然がデカい!

しっとりとした食感は焼いてから蒸してあるとのこと
なるほど
でも、好みは皮がパリッとしている方が好きですとお伝えすると
「京都の人はそちらの方がお好きな人が多いですね、言って頂けたらできますよ」
との事
では、次回は皮パリっとと蒸しの2種類を食べ比べてみよう
・・・ちなみに拙は大阪の人です

DSC07222.jpg
・戻ってました
うなぎに満足したら
こんなに大きくなってました

ちょっと吃驚しちゃいました

結局麦切りに至らず
DSC07224.jpg
・店主コーヒー淹れるの図
温度調整してはるんですが魅せてくれます

写真で振り返るとそんなに量は食べていないんですが
実は飲む方をビールに白ワインに日本酒とかなり呑んでいたのでした

おおきに!

スポンサーサイト

テーマ : うなぎ
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

めっさ酒が進みそう・・・

doniek さん、こんにちわ~

ヤヴァイくらいのラインナップですな
飲まれたお酒が出てませんが、お任せですか?

鰻、皮パリっとと蒸しの2種類を食べ比べ、面白そうですね!

そういえば、なかじんさんは一度も訪問してなかったのでした

y_chevereさんコメントおおきにです

酒は日本酒を中心に飲んでました

> 鰻、皮パリっとと蒸しの2種類を食べ比べ、面白そうですね!
面白そうでしょ?
今度、上洛の際にはご一緒しませんか?
プロフィール

doniek

Author:doniek
ようこそ!
めくるめく泡の世界へ

ベアレン醸造所

ドイツなビールです

クリックするとランクが上ります
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ

FC2のランキングも追加しました


blogramは成分分析してくれるみたいです
blogram投票ボタン

ご協力のお願い

FC2カウンター
CalendArchive
最近の記事
最近のコメント
Lc.ツリーカテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。