スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

予習・・・でもカレーって

C1-GPでのエントリー作品を何種類か持ち帰って
あの熱い一夜の余韻を確かめるように食べてみる

一番痛感するのは一口での印象と食べ続けての印象がかなり異なるって事である

流石に全ての作品をお持ち帰りってな大盤振る舞いはできないけど
気になる作品をリピートアフターミィ~ハハン

長堀橋のシェフの作品は鶏のキーマと単に思っていたが実は色々な部位が入っていて
芸細かいなぁ~流石ですって感じ

和歌山のシェフの作品は食べるごとに複雑味があって本当に旨いなぁ~
と感心する事しきりである

まぁね
スゴイ人々が作っているんで当たり前なんですがね
何を今更イワン・コーネフですな

で、
名残のC1-GPの最後は本町のシェフの作品
拙が今回の会の作品の中で最もスゴイと思った作品である
一つ異彩を放っていたと思う

DSC07655.jpg
・パスタにしてみました
イカ墨が入っているので何となくパスタにしてみました

・・・
おーやはりスゴイ!
このコク
香りのシャープさ
しかもソースだけで具がないシンプルさ
しかしてこの深さ
ただもんではないですなぁ
少し塩が利き過ぎな感じはあるものの
ホンマに美味しい

あ、でもご飯の方が合うかなぁ

これは訪問が楽しみです
・・・カレーはでないでしょうけど

パスタって事で白ワインをあわせてみた
DSC07659.jpg
・Capsula Viola 2009 Antinori
ToscanaのI.G.T.

ここ数年、拙宅で夏の定番ワインとして定着しつつあるアイテム

ほとんど透明に近い薄い色あい
気泡がグラス壁面に多数付着する
柑橘系
飲むと・・・あり?
ちと味が薄すぎませんかい?
んー
なんだろ
勿論、味が濃いワインではない
が例年よりも薄いなぁ
余韻に酸味

んー薄い
アルコール度も11.5%あるのに今年は9.5%
天候に恵まれなかったのか?

少し残念な出来映えです

DSC07660.jpg
・9.5%でしょ?

勿論泡も飲んでます
DSC07661.jpg
・Valdivieso Brut
チリのスパークリングワイン
Chardonnay60%
Semillion40%

やや色合に赤味が混じる?
泡は粗い
柑橘系な香りに洋梨のニュアンス
セミヨンってのが異質な感じもするのだが違和感はそれほどない

DSC07658.jpg
・ベリーニ
定番のプロセッコがなかったので
手持ちで一番価格の低い彼奴で作ってみた

良い感じで桃にあう
何よりC.P.が秀逸ですなぁ
なかなかエエ感じです
スポンサーサイト

テーマ : カレー
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

doniek

Author:doniek
ようこそ!
めくるめく泡の世界へ

ベアレン醸造所

ドイツなビールです

クリックするとランクが上ります
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ

FC2のランキングも追加しました


blogramは成分分析してくれるみたいです
blogram投票ボタン

ご協力のお願い

FC2カウンター
CalendArchive
最近の記事
最近のコメント
Lc.ツリーカテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。