スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソーセージ修行

ニュルンベルガーは好評を博した模様で
成功裏に第一回目のソーセージ作成は幕を閉じたのです

しかし
課題は山積みなんである

1)ケーシングを破らずにある程度の長さに捻る技術の取得
2)新鮮な豚の色々な部位を買いだせて尚且つ挽肉にしてもらえる店の開拓
3)豚腸、羊腸を安価で買える店の開拓
4)ニュルンベルガー以外のソーセージのレシピの獲得

2)は色々な部位はないけどバラ肉やモモ肉を挽肉にしてもらえそうな肉屋を近所に発見した
3)は前回の残りの羊腸があるから次回に問題はない
4)はニュルンベルガーを作る限りは問題ない

で、
目下早急に解決するべき課題であるソーセージ作りのために
伊賀の里へ修行に出る事にした

目指す駅はJR草津線柘植駅
大阪から帰宅するときに新快速柘植行きってな電車が編成されていたので
てっきり琵琶湖沿いの滋賀の駅だと勝手にイメージしていたのだが
ん?草津線

そう草津駅から柘植駅までの単線のかなりローカルな線が草津線なんである

実のところ大津よりも東は良く知らないのであった

で、遥々来た感満載の柘植駅に到着して
駅に待機していたタクシーに乗り込む

のんびりとしたタクシーの運転手からの驚愕な情報
なんと柘植駅を基点としている柘植タクシーの台数は僅かに3台なんだそうな
・・・しかも本日は一名休暇だそうで
我々が駅に着く早々にタクシーに乗れたのは運が良かった模様である

事前にタクシーの予約は必須なんですと
要注意です

普段は農業のかたわらタクシー運転手をしてはるとの事で
本当にのんびりしてした方でした
・・・途中の一般道で車を止めてイチゴ農園の説明してくれはった

そうこうしている内に目的地に到着
夏休みの日曜という事もあってかなりの人で賑わっています

「伊賀の里モクモク手づくりファーム」

ここは色々な教室を設けていて、その中に「手づくりウィンナー教室」なるものがあるのです

さぁ行くぞ!
DSC08034.jpg
・ブルーワリー
そらね、行くでしょう
大体、ここは車で来る様な場所である
何ゆえにわざわざ電車とタクシーを乗り継いできたのかと言うと
ビール呑みたいが為である

それで実のところ
ウィンナーの教室は事前予約可能なのだが
ブルーワリーの見学は当日現地予約なのであった

それゆえに
何はともあれ、まず見学予約にブルーワリーへ急ぐ

各回25名の定員で参加費は無料で見学後にビールか麦茶が試飲できる

ブルーワリー内は冷房が利いてめっさ涼しい
暑い中、やっと辿り着いた我々にとってパライソのごとある

見学開始時間までまだ間があったがブルーワリー内で待機する
暑いのはほんに苦手である

DSC08042.jpg
・見学開始
まずプロジェクターを使用した座学でビール醸造の基本を学ぶ

途中に密閉されたシャーレ入ったピルスナーモルトやチョコレートモルトが回覧される
お次の回覧は
DSC08045.jpg
・ホップ
ブルーワリー入り口で咲いているホップの花
ホップのペレットや乾燥した花はよく見かけるが生の花を見せてくれるのは珍しい

ただし
ホップは見せるために植えているとのことで
やはり冷涼な気候でないとちゃんと出来ないらしい

それにしても自家製麦しているってのはスゴイよなぁ

座学の次は設備の見学
DSC08048_20100825145406.jpg
・釜

ただし一通り見学するのはブルーワリーの建物を三分の四週するだけ
所要時間は5分程度

DSC08052.jpg
・試飲
見学のハイライトは出荷直前のタンクより直汲みしたヴァイツェン

酵母が大量に入っているとの事で
酵母由来の苦味がかなり強い

やや焙煎が強すぎるようにも思ったが香ばしいヴァイツェンも
ありでしょう
その分フルーティな香りは控えめでしっかりとしている

いやいや、貴重な体験でした

つづく
スポンサーサイト

テーマ : 作ってみた
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

わ~!モクモク!

10年前に50人くらいで行きました!
大人でも結構楽しめますよね。その時も大雨でしたけど、それなりに・・・
うちの親父はかなりのリピーターです。(笑)

食い意地部部長1さんコメントおおきに

幼稚ですけん子供よりも楽しんでいたものと思われます

暑いの苦手だし人が多いのも苦手なんで
こういった場所に出かけるのは稀なんですが
わざわざ行った甲斐がありました

それにしても50人って大所帯ですなぁ
プロフィール

doniek

Author:doniek
ようこそ!
めくるめく泡の世界へ

ベアレン醸造所

ドイツなビールです

クリックするとランクが上ります
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ

FC2のランキングも追加しました


blogramは成分分析してくれるみたいです
blogram投票ボタン

ご協力のお願い

FC2カウンター
CalendArchive
最近の記事
最近のコメント
Lc.ツリーカテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。