スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BISTRO KOUME

お誘いを受けて行って参りました

「BISTRO KOUME」

近鉄小倉駅から徒歩五分てなロケーション
降りた事もないローカルな駅のビストロはどうだろう?
今回は何の事前情報もない状態での訪問です

カウンター10席であまり使ってないだろうテーブル2席のこじんまりとした店を
シェフ一人で全てをこなされてます

DSC07805.jpg
・前菜
穏やかな味わいの野菜たち
クスクスはもっとスパイシィなのが好みだけど
こんなんもありやんね

メニューに書かれていたので
シェフと或る三ツ星レストランの話で盛り上がる
DSC07806.jpg
・ギリシア風野菜のマリネ

DSC07807.jpg
・赤ピーマンのムース
んー
ちとイメージと違うんだが
まさか、これに出会うとは想像だにしていなかった

すごいね

DSC07808.jpg
・パテドカンパーニュ
リエットと悩んでこちらを選択
やはりビストロに来れば頼まないとね

DSC07810.jpg
・マグロのカルパッチョ
これは隠し味っぽい使い方の醤油が実に的を得て美味しかった

DSC07811.jpg
・トリッパのグラタン
少しトリッパが上品すぎ
つーか
グラタン仕立てにするのであればもう少し主張が欲しいところ

DSC07812.jpg
・泡
ワインリストはない模様でしたが
シェフに聞いてみると面白いラインナップでシェフの拘りが感じられました

拙宅でも一時期定番だったバイィラピエール
ラベルが変わったんですなぁ

DSC07813.jpg
・冷製パスタ
自家製の生ハムってすごいねぇ
ジュレ状のソースはエエんだがパスタとの親和性が少し弱いかなぁ

DSC07817.jpg
・ハンバーグ

DSC07818.jpg
・と言うよりも
ステーキアッシェです
ビストロですなぁ

焼き加減はエエ感じ
肉の食感はちと物足りないかなぁ

DSC07819.jpg
・アリゴテ
シェフのお勧めの白ワイン

希少なワインで日本にはあまり入ってこないらしい

樽のニュアンスがあるたっぷりとしたアリゴテはコシュデリィのアリゴテに似たタイプか?
シャルドネと言ってしまいそうな厚みである

面白い

DSC07821.jpg
・カルボナーラ
自家製のパンチェッタは上品過ぎるしソースも上品なので
拙の好みとは真逆である

勿論、その目論見で作られているんだろうから好き嫌いは好みの問題であろうかな

DSC07822.jpg
・野菜のカレー風味なグラタン

DSC07823_20100902205606.jpg
・デセール

DSC07825.jpg
・デセール

DSC07826.jpg
・デセール

デセールは流石に作り置きなのは仕方がないが
冷蔵庫に入れてましたって臭いがちと気になります
全てのデセールで感じられたのではないんですが
残念です

さて
わざわざ京都から近鉄に乗って普通電車しか止まらない小倉駅まで来て
行くような店ではないと思う
でも
帰り道にこういった店があったらフラフラと寄っちゃう
そんな地元密着なお店なんだと思う
何よりもシェフがフランス料理好きなんだろうねって感じが良いです

そう言えば
地元の常連さんが二名別々に来られて一品と共にワインやマールを楽しまれておりました
そんな雰囲気は素敵だと思う

おおきに
スポンサーサイト

テーマ : フレンチ
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

doniek

Author:doniek
ようこそ!
めくるめく泡の世界へ

ベアレン醸造所

ドイツなビールです

クリックするとランクが上ります
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ

FC2のランキングも追加しました


blogramは成分分析してくれるみたいです
blogram投票ボタン

ご協力のお願い

FC2カウンター
CalendArchive
最近の記事
最近のコメント
Lc.ツリーカテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。