スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Franz Kuenstler

年に一度のT.B.Aを頂く会に今年も参加してまいりました

ドイツワイン

ここ20年ぐらいで随分と変わってきたように思います

辛口の格付けの法改正や生産量に占める割合の増加
赤ワインの生産量に対する比率の増加

食事に合わせて普通に飲むならば辛口ワインが主流になるのも分かるし
温暖な天候で赤ワインが造れるようになれば赤ワインの比率が高くなるのも分かります

しかし

ドイツワインの真髄は
北の産地ならではの酸のしっかりしたリースリング
これに尽きるのではないでしょうか?

いや、辛口のドイツワインを否定するつもりではありませんがね

DSC08532_20101102203154.jpg
・たこ焼き
軽く腹ごしらえして行きました

ソースと醤油の食べ比べ

今回はラインガウの造り手フランツキュンストラーです

10年ほど前に気に入って何本も買って飲んでいた造り手でした
・・・その時はシュペトレーゼしか手に入らなかった

DSC08534.jpg
・Hochheimer Kirchenstueck Riesling Spaetlese 1999
やや濃さを感じる黄色
黄桃系の香りに蜜っぽさ後に白桃系へ変化
オイリーでペトロール
甘さから酸が立ち上がる

綺麗なシュペトレーゼ

DSC08533.jpg
・Hochheimer Kirchenstueck Riesling Spaetlese 1996
更に黄色が濃くなる
香ばしさにやや焦がした感じの香り
オイリーでペトロールさは同じながら
酸が強く立ち上がり甘さはあまり感じない

DSC08536_20101102213844.jpg
・Hochheimer Domdechaney Riesling Auslese 1998 Gold Kapsel
黄色が濃い
桃のコンポート濃厚な香り
重厚な甘みで余韻が長い
そして支えている酸が秀逸

流石ゴルトカプセル

DSC08535.jpg
・Hochheimer Herrenberg Riesling Auslese 1990
やや枯れた色を感じる
少し減衰したカラメル
味わいに苦味少々でドライフィニッシュ
やや辛口に仕立てたのかアルコール度は10.5%ありました

でも少しコンディション悪いか?

DSC08538.jpg
・Hochheimer Kirchenstuck Riesling Eiswein 2001 375ml
アンバー
桃のシロップ漬け
勿論糖度が高いので甘いのだが
酸がキッチリあるアイスワイン
美しい

DSC08537_20101102213843.jpg
・Hochheimer Reichestal Riesling Eiswein 1999 375ml
濃いアンバー
熟した香りは黒糖っぽい
酸味のある甘さはアイスワインの味わいだが

香りがなんからしくないように感じた

DSC08539_20101102233411.jpg
・Hochheimer Holle Riesling Beerenauslese 1996 375ml
アンバー
アプリコットに桃のニュアンス
驚くほどに酸がしっかりしていて美しい
ベーレンアウスレーゼでこの酸の強さが少々驚いた

最後はT.B.A
DSC08541.jpg
・Hochheimer Holle Riesling Trockenbeerenauslese 1999 375ml

DSC08540.jpg
・なんと!2本です
色合が若干濃さが違いました
濃いアンバー
物凄い糖度なんですが
これにもキッチリ酸がある

B.AやT.B.Aにまで強力な酸がある事に驚きました
酸が好きなので、やはりこの造り手は好きだなぁ
言葉で表現するのは力不足でありますが
モーゼルワインの酸と明らかに違うラインガウの酸と言えるものに気付かされました

んー
モーゼルがキスケならば
ラインガウはジェフテイト
・・・って意味不明

しかし
よくもこれだけ揃えられたものです
希少な体験をさせていただきました
ホンマにおおきにです!!!!!
スポンサーサイト

テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

羨まし過ぎッス

ドニエクさん、ご無沙汰してます。
キュンストラーの夢のような競演、激しく羨ましいです。
串幸さん、土曜日にやってくれませんかねぇ?仕事で行けないのが辛いです。

それにしてもキュンストラーと言えばやはりドニエクさんを思い出します。
1996年のキルヘンシュトゥックのシュペートレーゼでしたよね、初めて飲ませていただいたの。
気に入ってまとめ買いしたのがまだウチにも大事に3本取ってあります。
1996年のベーレン、凄いなぁ。
TBAでしかも1999年にそんな素晴らしい酸があるのも驚きです。
貴重な体験されましたよねぇ...いいなぁ。

おっしゃる通り、やっぱり「北の産地ならではのしっかりした酸」ですよね。
今風のリースリングが席巻してますが、いくらいろんなものを飲んでいても絶えず私の基軸もそこにあります。

また御一緒したいですね、出来ればあそこで。
串幸さんは私の行けない日にこんな会されるから、嫌いです(ウソ・笑)。

緑家さんコメントおおきにです

リースリング親分にココまで羨ましがられるとは
年に一度のT.B.A会なので、ここは年に一度休みを取って参加されるのはいかがでしょう?
って難しいですよね

キュンストラー飲んでいただいたの懐かしいです
お忙しいと思いますが
また、若旦那の鮨でも摘みながら
目が覚めるような辛口のリースリングや
土壌の味の際立ったリースリングを飲ませてください
・・・って要望ばっかり?
こっちは何を用意したらエエかなぁ
プロフィール

doniek

Author:doniek
ようこそ!
めくるめく泡の世界へ

ベアレン醸造所

ドイツなビールです

クリックするとランクが上ります
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ

FC2のランキングも追加しました


blogramは成分分析してくれるみたいです
blogram投票ボタン

ご協力のお願い

FC2カウンター
CalendArchive
最近の記事
最近のコメント
Lc.ツリーカテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。