スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

文化の日に羊と白馬に感謝を込めて

この日の宴は結婚祝いしていただいた皆様にお返しの宴なのでした
・・・実に構想三年

つーか
他人事のようで申し訳ないが本当にマイペースな人物である

やっとこ
お返しする機会を設けて
そして
皆様に参加いただいて本当に良かったです

ホストが遅れては話にならないので15分前を目途に会場へ向かう

勿論衣装はどこの国際試合に出ても遜色のない新調したドイツ代表ユニフォームである
・・・ってコスプレですかい?
そしてDaigakuの3階で宴は始まりました

久しぶりに集った皆様を前に少々緊張しつつも
ワインが入るにつれ、単なる宴会モードへ

では、料理からご紹介です
DSC09304.jpg
・Amuse
和歌山猪の小さなサラダ

アミューズから素晴らしい!
小さな皿ですが
猪の味わいがしっかり感じられる

DSC09307.jpg
・Hors-doeuvres
秋刀魚と茗荷、長芋のタルタル 焼き茄子のムース

おぉ!
あの焼き茄子のムースではないですか!

秋のテンコ盛りなオードブル
秋刀魚の肝の美味しさももれなく装填で抜かりなしです
素敵!

長芋のネバりがタルタルにどうか?
茗荷の香りはどうなのか?

いや、これら引っ包めての秋の皿
楽しいです

DSC09308_20101108110415.jpg
・Pates
タリアテッレ 和牛のボロネーゼ

手打ちのタリアテッレにベーシックなボロネーゼ
和牛の旨味がシミ滋味美味しいですなぁ

DSC09309.jpg
・そして、打ち合わせの時にお願いしていたこの日の一番注目の一皿
玉子の利いたしっとりとした手打ちのタヤリン

美しいですな

そして
DSC09310.jpg
・Pates
タヤリン ノルチャ産白トリュフ

前回の白トリュフから更にスケールアップ!
はぁ~

まだ開いていない蕾のような
Billecart-Salmon Cuvee Nicolas Francois Billecart 1998
こんなのと合わせられて幸せです
・・・すまんが写真はないぞ!

DSC09311.jpg
・Poisson
児島湾天然しゃこウナギのポワレ

しゃこウナギってなんぞや?
あの蝦蛄を餌に釣られるウナギで児島湾特産みたいです
・・・きっと初めて食べると思う
しかしあのイガイガしてる蝦蛄を良くも食べるもんですなぁウナギ

脂がのっていると言うよりも筋肉質な締まった身は美味しいです
皮の香ばしさも素敵

DSC09314.jpg
・Viande
雑穀、ヒヨコ豆、飴色玉葱を詰めたホロホロ鶏 野菜のエテュベと

シェフの必殺技バロティーヌ(ですよね?)炸裂!
この一体感がやはり巻いた効果?
雑穀はアクセントでヒヨコ豆の質感
そして何よりも玉葱が美味しいです

お見事!

DSC09315_20101108112423.jpg
・Dessert
デザート盛り合わせ

タルトの焼き具合がスパルタンですな

DSC09325.jpg
・そして

楽しい宴であったと誇らし気に言い切ってしまいます
居心地よい空間で素晴らしい料理をいただく

しかし
主催者の重責は果たせてませんな
最後に
ちと酔ってます
この最後の菓子の写真がボケてます
・・・しかも同じようにボケた写真が10枚ぐらい撮ってあった

まぁ善き哉

勿論ワインも飲んでます!
・・・が写真があるのはこの二種類だけ

DSC09337.jpg
・Chateau Mouton Rothschild 1968

ラベルの絵はイタリアの女流画家ボナ=ティベルテリ
なんと
拙の好きなキリコに触発されてシュールレアリスムに目覚めたとか

1968年は難しい年でこのボトルのコンディションも液面が低い目でショルダーまで下がってました
オレンジな液体は何とか踏ん張って枯山水の一歩手前の淡く愛らしい味わい
良かった

そういえば一級昇格前のムートンですね

DSC09338.jpg
・Chateau Cheval Blanc 1967

こちらはボトルのネック部分まで詰まっておりました

おぉショコラ
偉大なるカベルネフラン
そして愛しのメルロー
素晴らしい!

皆様本当におおきに!!!!!
でした!
スポンサーサイト

テーマ : 関西の美味しいお店
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

ノルチャ産!!!

アルバ産より断然美味しいと思いまっす!

いいですねぇ・・・まだあるかタヤリンに聞いてみよっとぉ。(笑)

食い意地部部長1さんコメントおおきに

おお!あのアルバ産よりもエエんですか!

今年は白トリュフは当たり年との事なんで
もぅ一回ぐらいは食べたいなぁ

ご結婚記念おめでとうございます。

って、かなり遅いですが。
ついでにはじめましてです。
部長1の相棒部長2です!

ノルチャは黒が有名ですよ。
白もありますが、ウンブリアの白ならオルヴィエート近辺がおすすめです。
コレは私もアルバよりもうよっぽど美味しいと思っています!
もちろんフレッシュ度は多少落ちますが季節問わずそれほど質を心配せずに食べられるのもいいです。

しろとりふ・・・その魅惑の香りへの妄想だけで一晩語り明かせますよね。ふふふ。

食い意地部部長2さんコメントおおきに

初めまして

ありがとうございます

スペイン紀行拝見しております

白トリュフは滅多に口に出来ないので
産地の違いは拙には理解できないかなぁ・・・などと思ってしまいます
いや、いつかは食べ比べてやるぞ!と志は高く持とう

確かに妄想で一晩呑み明かせそうですね・・・しろとりふ
プロフィール

doniek

Author:doniek
ようこそ!
めくるめく泡の世界へ

ベアレン醸造所

ドイツなビールです

クリックするとランクが上ります
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ

FC2のランキングも追加しました


blogramは成分分析してくれるみたいです
blogram投票ボタン

ご協力のお願い

FC2カウンター
CalendArchive
最近の記事
最近のコメント
Lc.ツリーカテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。