スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビストロ会 ’ロワール’

前回はパリ祭の時期にお祭りの雰囲気で開催されました
お祭りで人が凄かったので写真撮れなかった
なので記事に出来ませんでした

さて、今回のテーマはロワールです

そして、この季節のフレンチはジビエでしょう

DSC09471.jpg
・Le menu de BISTROT KAI

おぉ!一子相伝のロワイヤル
DSC09473_20101111154300.jpg
・Rillons
Metzgerei Kusuda楠田さん作

最初から結構コッテリとした大きい塊が運ばれてくる
楠田さん独特の凝縮した豚の旨味
皮がネットリ香ばしくて美味しい

こりゃ旨いわ

DSC09476.jpg
・Rillettes
Metzgerei Kusudaの楠田さん作

酸味を感じるリエット
面白いです

DSC09477_20101112112629.jpg
・Pain
Le sucre coeurの岩永さん作

各皿に合わせてパンを作成されました

このパンは酸味が鮮烈なのですが
生のカシスを使用したと説明されました
生地の酸味は残るので敢えて果実の酸味で・・・
深く考えてはります

メニューと順序を入れ替えて
DSC09479_20101112112628.jpg
・Soupe de Chataignes
bistro a vin DAIGAKU 他谷さん作

上の葉っぱはセロリです
優しい味わいはタヤリン作ならではですかね?
濃厚な旨味のポタージュも美味しいのですが
こういった、ほっこり美味しいのも又宜しいです

添えられたパンはジンジャーが利いたもの
蕪のスープと聞いて作られたそうですが、メニューが変更になったみたいです

DSC09482_20101112112628.jpg
・Chartereuse de Faisan
le noeud papillon 川田さん作

メニューでみてシャルトリューズとあったので
てっきり大好きな薬草リキュールが使用された料理だと思い
ジョーヌかヴェールかどっち?・・・などと妄想していたのですが

さにあらず、シャルトリューズ修道院で作られた料理なんだそうです
クラシックなルックスは斬新に見えます

ドームの中身はキャベツに玉子
キャベツに味が染ゅんで美味しいけど何かに似てる
・・・幼少の砌に熱出した時に食べたオジヤだわ、思い出さなかったらよかった

グランシャリュトリューズ修道院はグルノーブルにあるのですが
この料理とロワール地方との関連性はなんでしょうか?
・・・元の修道院料理が後に宮廷料理に発展して獣肉が追加されてロワール河畔の城で振舞われた?

DSC09483_20101112112627.jpg
・Pain

DSC09484_20101112112627.jpg
・Saumon Poele Sauce Beurre Blanc
bistro a vin DAIGAKU 他谷さん作

メニューの記載はPoeleとありますが実際の調理方法はVapeurなんだそうです
・・・鮭だけにイクラちゃん?

皮が見事に剥ぎ取られていますがフランスでは当たり前の処置との事
鮭の皮の旨さを知らんのでしょうなぁ加賀の殿様に申し訳が立たんですね

皮目を香ばしく焼き上げたポワレの方が美味しい食べ方と思われるのですが
やはり本場フランスっぽいのはこれなんでしょう

しかし蒸加減が絶妙すぎてかなりミキュイなのは
鮭という食材においてどうなのでしょう?

DSC09485_20101112130446.jpg
・パン
ジャガイモのパンとの事だが
あまりジャガイモらしさは感じ取れなかった

DSC09486_20101112130445.jpg
・Lievre a la Royale
和歌山フレンチレストラン Tさん作

美しいソース
愛する「Hidemi Sugino」の名作「Ambroise」さながらの光沢感

でも香りは主張する
オッスオラジビエ
でも、やや穏やか

舌に絡みつく濃厚な食感はエロスです

一体感がものすごい
様々な味わいが去来する
上品な味わいは高貴ですらある

これは赤ワイン必須でしょう!

・パン
写真撮り忘れ・・・カカオの利いたパンはリェーヴルと鬩ぎあう美味しさ

DSC09489_20101112130445.jpg
・Garniture
別添えで供出されたガルニはキノコのソテー

そう、あの皿には他のものはのせるべきではないと思う

キノコ祭りの様相を呈してますが
ソースに絡めるとまた何とも旨い

素晴らしい!!!!!

ここまでパン以外は完食してまだ余裕があったのですが
DSC09491_20101112130444.jpg
・Creme d'Anjou
和歌山フレンチレストラン Kさん作

でかい

しっかり詰まったケーキではないものの丼を伏せたぐらいの大きさがあります

しかし、この酸味の美しいベリーのソースに誘われて
速攻で完食!

DSC09495_20101112130444.jpg
・Guimauve

めっさ赤いのですがこれベリーのパウダーで
酸っぱい!
甘いギモーヴと良い感じです
香りも素敵

勿論ワインも飲んでます

・Cremant de Loire 2001 Langlois-Chateau
最初の泡はロワールでも秀逸なクレマンを造るラングロール
しかも上級キュベのQuadrilleでした

・Vouvray Cuvee Tradition 2006 Domaine Aux Moines
・Savennieres Roche Aux Moines 1999 Domaine Aux Moines
・Sancerre Blanc 2008 Domaine Vacheren
白ワインは三つ
熟したサヴァニエールとソーヴィニオンブラン!なサンセールが印象的です

・Saumur 2006 Domaine Guiberteau
赤ワインは一つ
リェーヴルにはローヌのスパイシーなのが合うかなぁと思っていましたので
ソミュールはどない?な感じで飲んでみたならば
合うがな・・・つーかマリアージュです

ロワールは野兎でも有名なので合うんですかね?

・Coteaux du Layon 2006 Baumard
白の甘口ワインです

今回は最初の泡以外は個別で発注するのでチェックはメニューに書き込まれます
・・・正の字を記入していくところは日本ですね
フランス人はどうカウントするんだろうか?
ちなみにチェコ人はこんな感じでした

ワインはロワール地方のもので数も絞り込まれていますが秀逸なセレクションだと思います

希少な食材で貴重な体験をさせていただきました
おおきに!!!!
スポンサーサイト

テーマ : ビストロ
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

doniek

Author:doniek
ようこそ!
めくるめく泡の世界へ

ベアレン醸造所

ドイツなビールです

クリックするとランクが上ります
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ

FC2のランキングも追加しました


blogramは成分分析してくれるみたいです
blogram投票ボタン

ご協力のお願い

FC2カウンター
CalendArchive
最近の記事
最近のコメント
Lc.ツリーカテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。