スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

家での食事

さぁ
長月の家でのご飯に戻ります

よろしければご覧下さい
<定番買出しで作る>

「Le Sucre Coeur」と「Lindenbaum」をハシゴして買出し

DSC08579_20101117150112.jpg
・野菜のピクルス
Lindenbaum作

シャルキュルトリー故にこう言った惣菜も置いてあります
クッキリした味わいのピクルス

DSC08580_20101117150111.jpg
・レンズ豆のサラダ
Lindenbaum作

レンズ豆好き
ベーコンかな?そいつからエエだし出てます

DSC08585.jpg
・キッシュ オ レギューム ア ラ プロヴァンサル
Le Sucre Coeur作

ここのキッシュはとてつもなく美味しいと思う
これはズッキーニやパプリカやトマトやタマネギなど野菜の入ったキッシュ

DSC08586_20101117150110.jpg
・キッシュ ドフィノワ
Le Sucre Coeur作

ジャガイモ好きには堪らんでしょう
あのドフィノワがパイに入っておるんですよ
アクセントにゴルゴンゾーラがピリッと引き締めます

DSC08575.jpg
・ハム
Lindenbaum作
本当はジャンボンブランが欲しかったけど売り切れてた模様

DSC08577_20101117150112.jpg
・チーズ
穴あきチーズを見るとトムとジェリーを思い出します

DSC08587.jpg
・サンドウィッシュ
で、こうなるわけです

DSC08592.jpg
・パン
Le Sucre Coeur作

DSC08593.jpg
・パン
Le Sucre Coeur作

見た目から美味しそうですよね
この香りたまらない

DSC08590.jpg
・鴨スモーク
言わずもがなの鴨好き

たまらん

DSC08591_20101117152550.jpg
・贅沢

DSC08594.jpg
・さらにトッピング

用意するのに大変ですが
その分に見合う、いやそれ以上に素晴らしく楽しめる晩餐です

勿論シャンパーニュも飲んでます

今回は二種類をブラインド

薄い黄色
やや細かめの泡勢い良い
柑橘系の香りはレモンそしてどことなくクセのある香りも
素っ気無さから酸がひろがり余韻は長い
DSC08603_20101117154122.jpg
・Diebolt-Vallois Brut Tradition
CramantのNM
Chardonnay 40%
Pinot Noir 30%
Pinot Meunier 30%

もう一つは
やや濃い黄色
泡はやや粗い
ヴァニーユで香ばしい!
全体のバランスから考えると少し過ぎるかな?
甘いアタックにヴォリュームが広がるそして酸で切れる余韻
DSC08605_20101117154122.jpg
・Dosnon & Lepage Recolte Noire
Avirey-LingeyのNM
Pinot Noir 100%

ハムや鴨に合わせて黒葡萄の多いシャンパーニュを選んでみた
シンプルだが奥深い晩餐であった

<チーズ教室のあと>
軽くなんか食べるって手も考えたが結局徒歩で岡崎の「Au Temps Perdu」へ
結構遠いよ・・・
店じまいされてる中到着!何とか確保

DSC08598.jpg
・ピクルス
おー酸味と塩味がバンバンなピクルス
面白い

DSC08599.jpg
・パテ ド カンパーニュ
しっかりした味わい

DSC08600.jpg
・ジャンボン ペルシェ
身の詰まった作品
ジュレ好き

DSC08602.jpg
・リエット
まだ、ワインありきでフランス料理を食べるようになったその昔
京都の「Le Bellcour」で最初に出てくるリエットがとても好きだった
あのリエットが家で食べれる幸せ

軽く食べるつもりが結構食べてしまった

勿論ワインも飲んでます

DSC08610_20101117161229.jpg
・Moutardier Carte d'Or
BreuilのRM
Pinot Meunier 85%
Chardonnay 15%

やや黄色が強い方か
泡は粗い目だが勢い良く立ち昇る
赤・・・いや黄色いリンゴ少し鼻を刺激する香りあり
舌触りの泡は良い強いコクから余韻は仄かに苦め

DSC08607.jpg
・Hautes-Cotes de Nuits 2008 Bizot
黄色い色合は強い
グラスの壁面に泡が付きペティヤンな感じ
樽の要素かヴァニーユにノアゼットっぽさも少しで酸の浮ついた香り

2008年でこの感じは如何なものか?

DSC08609.jpg
・裏ラベル
生産本数294本

ホンマかいな?って思うぐらいの少量生産のビゾーの白

<ソーセージの食べ比べ>

DSC08611_20101117161228.jpg
・硬い泡

DSC08612.jpg
・SUNTORY ALL-FREE と EURO HOPS
一時期入手困難だった(らしい)オールフリー
アルコール、カロリー、糖質が全てゼロ
この制限された中でこの味わいを作るのはすごい技術力だと思う

市場があるから作るし宣伝して売る
なるほど

DSC08614.jpg
・ボッコリとカボチャ

DSC08615.jpg
・塩がよければごちそう
エスプレットがピリっと引き締める

たまたま同じキャラクターのソーセージが二種類入手できたので
折角だし比べて食べてみる
DSC08617_20101117163333.jpg
・ソーセージ食べ比べ 茹で編
左の一本「Lindenbaum」のソーセージ
・・・朝食に気軽に食べれるソーセージをとのお客さんの要望に応えたもの
あら挽きの豚肉をスモークしたシャウエッセンのようなソーセージですが
似て非なるもの肉の旨さや燻製の芳しさがそら違います

右の二本「ミートショップヒロ」のソーセージ
・・・自分ところで仕入れた丸ごと一頭の豚から作る自家製ソーセージ
自家製と言いながらも市販されている豚100%のソーセージの味わいに近い
でも、そっちの方向に近づける必要はあるのだろうか?

DSC08618_20101117163333.jpg
・ソーセージ食べ比べ 焼き編
左の一本「Lindenbaum」のソーセージ
焼いても美味しい正にオールラウンダー
これでカリーヴルストを作っても美味しいだろう

右の二本「ミートショップヒロ」のソーセージ
焼くと少し印象は変わる、自家製ソーセージでここまで出来るというのはすごいことなんだろう

好みとしてはリンデンバウムの方であるが
ミートショップヒロのが嫌いって事ではない

DSC08620.jpg
・ニュルンベルガー
「Lindenbaum」の作品

やはり好きだわ

<ラー油を作ってみた>
DSC08621.jpg
・作成中
胡麻油と唐辛子とニンニクとタマネギとアーモンドと醤油
こんだけありゃ出来ると思ったけど

どうも味が足りない

胡麻油100%なんで香り高いのだが
なかなかに難しいようだ

<中華惣菜>
DSC08623_20101117163330.jpg
・揚げ餃子
滅多に食べない餃子の形態

バリバリと歯応えが香ばしくて以外と美味しい

DSC08624_20101117174435.jpg
・蝦餃子、糯米焼売、椎茸焼売、と何か餃子
もち米の焼売って美味しいなぁ

DSC08625_20101117174434.jpg
・水餃子

DSC08626.jpg
・煮凝り
「ミートショップヒロ」の作品
ビールが進む味わいです

DSC08628_20101117174433.jpg
・小龍包
おージュが

小龍包は是非にでも本場で食べてみたいもんです

<東京へ旅立つ前>
やっと長月も終わりの方まで進みました

DSC08635.jpg
・ボッコリ
胡麻よごしで

DSC08633.jpg
・冷奴
天カスと白ネギとじゃこと自家製ラー油で

DSC08632.jpg
・出し巻き玉子

DSC08630_20101117174433.jpg
・鶏ごぼうご飯
かやくご飯好きです

DSC08631.jpg
・海苔の赤出汁
海苔も好き

お付き合いいただきおおきにでした
スポンサーサイト

テーマ : ばんごはん
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

doniek

Author:doniek
ようこそ!
めくるめく泡の世界へ

ベアレン醸造所

ドイツなビールです

クリックするとランクが上ります
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ

FC2のランキングも追加しました


blogramは成分分析してくれるみたいです
blogram投票ボタン

ご協力のお願い

FC2カウンター
CalendArchive
最近の記事
最近のコメント
Lc.ツリーカテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。