スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やはり家ご飯

まだまだ神無月終わらず
<ドミグラスソースの使い道>
衝動買いしていたハインツのデミグラスソース缶
・・・ドミグラスと違うんだね
結構な量があって使い所がない
・・・んじゃ買うなよって感じですが、まぁそこは衝動買いの醍醐味というかベルゴミというか

DSC09084.jpg
・オムライス
玉子で巻き込むのが見た目美しくて正統だと思っています
けどね
このフワフワな半熟オムレツをチキンライスの上にのっけて
一刀の元に両断!
でろーんトロトロ
てなのも捨てがたいのよね

チキンライスを作って
プレーンオムレツを作って
と少々手間かかってます

DSC09085.jpg
・ドミグラスソース投入
って掛け過ぎた

そうそうデミグラスソースもそのままだと物足りないので
ベーコンとトマトとタマネギと赤ワインを足してアレンジしてます

玉子の美味しさ・・・オムレツ的な・・・を求めるならば
この手法の方が美味しいのではなかろうか?
てな考察をしながらも
かなり美味しかったのでドミグラスソースの使い途としては良かったんじゃないかな

<オムライス続く>
普段のオムレツには入れないのですが
洋食っぽくするために生クリームを買って入れたんですよね

で、生クリームが残るのでどうしようかと

DSC09092.jpg
・ドライカレー
ご存知自家焙煎カレー粉使用のかなりスパイシーなもの

DSC09093_20101206183138.jpg
・オムライス
おー中身が変わっただけ?

これで完成ではない

DSC09094.jpg
・完成
ちなみに使ったのはカリー屋カレーの大辛
勿論ガランマサラとカイエンヌにブラックにホワイトのペッパー三兄弟で拙チューン施します

ちと掛け方が美しくないか

DSC09095.jpg
・はっきりいって
めっさ美味しい

どっかで見たような作品?いやいやパクリではありませんよ

<自家製イクラ再び>
DSC09126.jpg
・菊菜の胡麻和え
菊菜の香り高さが好きです

DSC09127.jpg
・山芋
もう少し土の香りがすれば趣きもあるんだろうけど
まぁ自然薯でもないし多くを望んでも仕方ないかな

シャクシャクとした歯触りとネットリした食感は楽しい

DSC09135.jpg
・ハマチ
養殖のハマチの刺身は良い印象がなかった
臭みのあるぺっとりとした脂がどうも美味しいとは思えない

しかし養殖の技術が発展して品質が上がってきているそうな

そんな話に釣られて久しぶりに食べましたよ
ほぉ、昔食べた印象とは違うね
身が締まっていて中々に美味しい

しかしこの安さは何だろう

DSC09136.jpg
・シマアジ
ハマチだけでは切ないので大好きな彼奴を

んー
こっちはもう一つ精彩さに欠ける

DSC09137.jpg
・イクラ
若旦那の教えに従って今回は簡単に出来ました
・・・あの苦労は何だったのか?

今回は出汁を使って昆布ベースと昆布鰹ベースの二種類を作成
おぉ、昆布鰹のはかなり若旦那の作品に近い感じです
シンプルな昆布だけのもエエ感じだなぁ

もっと仕込めば良かったよ
残念ながら生の筋子はもう売っていないようだ

勿論こんだけのアイテムですから日本酒も呑んでます

DSC09288.jpg
・一博 純米吟醸

DSC09289.jpg
・うすにごり生酒

DSC09290_20101206211311.jpg
・裏ラベル
ほんのりと山吹色を感じる
フルーティで甘い香り
甘い味わいながらアルコールの強さとともにしっかりした酒躯

写真はないけど
・富翁 生詰純米吟醸
んーインパクト無く平坦な感じで甘さが目立つ
もう少しなんか要素が欲しい

DSC09140.jpg
・アレキサンダー
生クリームが残っていたので

DSC09142.jpg
・コアントローな奴

DSC09145.jpg
・ハイボール
オールドパーをフローティングしてみました

結構飲み過ぎた

<これも他人丼か>
DSC09148.jpg
・イクラとハマチの丼
ハマチが改善されたからと言ってもそうそうバクバク食べるものではなく
前日の残りをヅケにして、それだけでは寂しいのでイクラを投入

ヅケにするとまた味わいが締まって一層美味しく感じるのは気のせいか?

実は一番高い食材はワサビだったりする

<水餃子>
DSC09150.jpg
・水餃子
心の師匠の店にも行かず
市販の焼餃子を食べていて
もーどうにもこうにも堪らない水餃子への渇望を抑えきれずに作ってしまった

旨い

DSC09157.jpg
・焼餃子
本来は残って冷めた水餃子を焼くものだが
茹でて少し冷まして即焼く

DSC09158.jpg
・カリッとしてモッチリ
普通の焼餃子では出来ない食感
あぁなんでこれが好きなのか解った

バゲットのカリッと外皮で中はもっちり・・・これと似たニュアンスなんだね

これからは最後は焼いて食べるとしよう

勿論と言うか何故かシャンパーニュも飲んでます

無茶苦茶な構成で二種類ブラインド

麦わら色
泡は細かく継続的に立ち昇る
洋梨やカリンにピーチの甘い香り
!甘い後に酸の余韻
味わいが直線的で少し残念
DSC09178.jpg
・A. Bernard Premier Cru Demi Sec
DizyのRM
Ch 60%
P.N 35%
P.M 5%
Dosage 35g/l

DSC09179.jpg
・丁寧な裏ラベル
ディジィとオーヴィレールとキュミエールさらにはアイ
錚々たる村からのブドウで造られてます

甘いのが餃子に合うかと思ったのよね

やや濃い麦わら色にサーモンピンクの光を感じる
泡は細かく継続的に立ち昇る
チェリー赤い果実・・・ピノ・ノアールの美しさベースに赤いリンゴ
クリーミィな泡の心地よさ
酸が前面に感じられるのはドザージュの低さゆえか
でもワインの要素が満ち満ちているのでバランスよい

DSC09177.jpg
・Gatinois Brut Zuro
AyのRM
P.N 90%
Ch 10%

素晴らしい!

京都のワインショップワイングロッサリーが始めたオリジナルのブリュットゼロ
今年で4年目・・・だと思う

追加でほしいなぁ

強烈な甘さの違いでブラインドになっていませんが、何か?
スポンサーサイト

テーマ : 作ってみた
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

doniek

Author:doniek
ようこそ!
めくるめく泡の世界へ

ベアレン醸造所

ドイツなビールです

クリックするとランクが上ります
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ

FC2のランキングも追加しました


blogramは成分分析してくれるみたいです
blogram投票ボタン

ご協力のお願い

FC2カウンター
CalendArchive
最近の記事
最近のコメント
Lc.ツリーカテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。