スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そばの薬味

クリスマスが過ぎ大晦日が迫る忙しい年末
未だ霜月以降の記事が滞留中
で、何の戯言かと
・・・ま、単なる開き直りですかねと

常々思っているのですが
ざるそばやもりそばに薬味ってのが付物ですよね?
わさびとネギはほぼレギュラーで
きざみ海苔やうずら卵はないことが多い

そばは突詰めていくとそば自身の香りがかなり重要な要素となります
先鋭化すればするほど出汁のカツオの風味すら阻害要素として
塩で食べるなんてこともありうるわけです

ざるそばが運ばれてくる
見た目のそばのたおやかな美しさを愛でる
香りを胸いっぱいに吸う
そしてまず、そばを一啜り
・・・啜る音に臆してはなりませぬ、勿論ことさら音を立てて啜るのは下品ですが
この啜る事によって鼻から抜ける香りを楽しむことが出来るわけです
そして喉越しで旨さを確認する
次に出汁を味わう
そしてそばを出汁につけてすする
わさびは出汁に溶かない方が鮮烈です
そばにわさびをのせて味わう
さらにわさびをのせて出汁につけて味わう
そして、食べ終わります

そう、ネギがね使いどころないんですよ
水に晒しても香りの強いネギ
そばと一緒に食べると違和感あるんですけど

勿論、出て来たものは余さず賞味し尽くすのが拙の本懐なれば
ネギも残すわけにはいきません
最後に出汁を蕎麦湯でのばして余韻を楽しみます
そして最後にネギを投入します

でも、ネギはいらないと思うんだけど

スポンサーサイト

テーマ : うどん・そば
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

私も蕎麦を食すときは...

ねぎは一緒には食べませんね。
もりそば一筋が基本。
あとで蕎麦湯のときにねぎ投入です。
お腹に余裕があるときは、てんぷらが美味しい店に限るんですが、狸そばを少々。
狸といっても揚げ玉ですよ♪
できれば温かい蕎麦には、田舎タイプの太目の麺を選択したいなあ。
このときも、蕎麦食べ終わるまで、ねぎは投入しないです。
それでは何でねぎが必要なのか?
うなぎにおける山椒みたいなもの?
不味いうなぎには山椒が必要となります。
いまや絶品のうなぎ店にも山椒は不可欠になってる。
蕎麦やのねぎにもいえることなのかもしれませんね(笑)。

ラブワインさんコメントおおきに

おお同士がいるとは!

温かいそばのネギはあまり気にならないのですが、
心ある店は温かいそばのネギも別添えだったりしますよね?

タヌキと言えば、出張で東京に行ったランチに
タヌキ丼ってのがあって
てっきり刻んだお揚げを卵とじしたものだろうと思っていて
や・ら・れ・た・・・
ってほろ苦い思い出があります
でも天カスだけを卵とじってありなのか・・・
プロフィール

doniek

Author:doniek
ようこそ!
めくるめく泡の世界へ

ベアレン醸造所

ドイツなビールです

クリックするとランクが上ります
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ

FC2のランキングも追加しました


blogramは成分分析してくれるみたいです
blogram投票ボタン

ご協力のお願い

FC2カウンター
CalendArchive
最近の記事
最近のコメント
Lc.ツリーカテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。